GMOクリック証券の口座開設の流れを解説・必要なものや口座開設にかかる日数は?

GMOクリック証券はDMMFXなどのFX専門会社とは異なり、FX以外にもバイナリーオプションや株式・投信の取り扱いがある総合金融サービス会社。

たくさんの金融商品を取り扱っているためさまざまなサービスも受けることができるため、安心してFXを始めたいという人におすすめです。

しかし、期待を抱いて投資を始めようと思ったものの、口座開設が面倒くさそう…と感じてしまう人も少なくありません。せっかくのチャンスなのに、そこで断念してしまうのはもったいないですよね。

そこでGMOクリック証券で口座開設をしてみたいという方のために、GMOクリック証券口座開設手順を、金融機関出身ライターがどこよりも丁寧でわかりやすく解説していきます。

GMOクリック証券の登録はこちら >

GMOクリック証券とは?


GMOクリック証券とは、GMOインターネットのグループ会社として平成17年に創設されました。

株式・投資信託・先物・CFDなどFX以外の金融商品も多数扱っています。

2018年9月時点の株式とFXを合わせた口座数は130万を越えており、総合金融サービス会社としてどんどん規模が大きくなっています。

規模が大きくなるにつれてサービスが充実したりサポート体制が万全になるなど、初心者でも安心して取引ができる会社です。

GMOクリック証券の特徴


さまざまな金融商品を扱っているGMOクリック証券ですが、特にFXは他のFX会社にはないメリットや特徴がたくさんあります。

総合金融サービス会社ならではの特徴やメリットは、FXの知識がない初心者からたくさん取引をしたい上級者まで大満足できること間違いなしです。

FX専門会社に負けない特徴やメリットを具体的にご紹介していきます。

二種類のFX

GMOクリック証券では、世の中に多く知られているFXとして『FXネオ』、そして東京金融取引所によって開設されたFXの公設市場を通じて行われる『くりっく365』を取り扱っています。

FXネオは店頭取引、くりっく365は取引所取引と呼ばれています。

FXネオはGMOクリック証券と顧客の二者間で行われる取引なのに対して、クリック365は東京金融取引所と顧客の間にGMOクリック証券が入り、顧客からの注文を東京金融取引所へ取り次ぐことになります。

そして顧客が預ける証拠金の取り扱いも違いがあります。

FXネオの場合は証拠金をGMOクリック証券が預かるのに対し、くりっく365は証拠金は全額取引所へ預託されるため、仮にFX会社が破綻した場合でも証拠金は守られることになります。

そして2つのFXの大きな違いとして、スプレッドと通貨ペア数が挙げられます。

通貨ペア数は、FXネオが19通貨ペアくりっく365は30通貨ペアの取引を行なうことができます。

FXネオの19種類でもかなり豊富な通貨ペア数ですが、くりっく365はさらにそれを上回る30通貨ペアの取り扱いをしています。

そしてスプレッドですが、FXネオの場合はGMOクリック証券が設定したスプレッドが適用されます。

ドル円のスプレッドは0.3銭、ユーロ円は0.5銭と狭く、さらに原則固定となっておりコストを抑えながら初心者でも安心して取引をすることができます。

それに対して、くりっく365のスプレッドは東京金融取引所が定めたものが適用されます。

常に変動しているためどのくらいのスプレッドなのかは取引をするまでわかりません。

豊富な取り扱い通貨

先ほども説明しましたが、FXネオでは19通貨ペアの取引を行なうことが可能です。

取り扱い通貨が多く、金利差が大きい通貨ペアの取り扱いがあるためスワップポイントを日々受け取れるため売買しなくても利益を出でます。

また、取引するときの売買手数料が無料のためたくさん取引をしたい人でも有利に取引をすることも。

そしてレバレッジは最大25倍までかけられるため、手元にあまり大きなお金を用意しなくても取引をすることが可能です。

取引ツールが充実

GMOクリック証券では、24時間変化する為替相場でも安心して取引ができるように機能が充実している取引ツールが多数用意されています。

パソコンの取引ツールとしてはブラウザで取引するブラウザ用ツール、多彩な機能や高いデザイン性を兼ね備えた『プラチナチャート+』、操作性を重視して開発されたパワーユーザー向けパソコン用アプリ『はちゅう君FX+』、経済ニュースや為替レートなど取引にかかわるニュースが表示される『FXツールバー』の4種類です。

それ以外のツールとしては、iPhone・iPad・androidスマホ・androidタブレットで使用できる『GMOクリック FX』、フューチャーフォンで使用できる『モバトレ君』、androidwearというスマートウォッチでスマートフォンを取り出さなくても為替レートのチェックができる『FX ウォッチ』です。

このような豊富な取引ツールを利用することで有利にFXをすることが可能です。

デモ取引でお試し取引が可能

GMOクリック証券では、本取引前に無料でデモ取引をすることができます。

パソコンでデモ取引をする場合、初心者はブラウザ用取引ツール、経験者ははっちゅう君FXplusを利用が推奨されています。

なお、スマートフォン用アプリでもデモ取引をすることができ、デモ取引後に本取引をする場合でも同一アプリ内でデモ取引の設定を維持したまま本取引に切り替えることができます。

しかしパソコン用のデモ口座とスマートフォンアプリのデモ口座は連動されることができないため注意が必要です。

デモ体験期間は1ヶ月、仮想マネーは10万円から9,999万円の間の1万円単位で任意の額を決めることができます。

よりリアルな金額でのデモ取引が可能なので本取引を想定して取引することができますね。

GMOクリック証券の登録はこちら >

GMOクリック証券の口座開設の流れ


FX口座を開設するのってちょっと敷居が高いと躊躇してしまっている人もいるのではないでしょうか。

専門用語などもあって難しいのではないかと不安に思う方もいるでしょう。

そんな方のために必要書類から手続きの手順まで詳しく解説していきます。

FX専用取引口座は、本人確認書類に不備がなければ最短当日に口座開設が完了する口座です。

貴重な時間を無駄にせずスムーズに開設するためにもぜひ読んでみてください。

このあとは口座開設の手順を説明していきます。実際に口座開設画面を開きながら、同時進行で作業していくとわかりやすく進められますよ。

GMOクリック証券の公式サイトはこちら >

お申込みフォームから「FX専用取引口座」を選択

GMOクリック証券の公式ホームページの『口座開設』ボタンをクリック後、『FX専用取引口座』のお申込みをクリックしてください。

その隣の証券取引口座の開設はすべての金融商品で使える口座を開設することができますが、今回はFX口座開設の手順をご紹介するため『FX専用取引口座』を選択します。

各種個人情報と質問の回答

続いてFX専用取引口座申込フォームで個人情報や質問に回答していきます。

名前や生年月日、住所などの基本情報はそのまま入力していけば大丈夫です。

そしてその下に国籍情報として国籍や米国納税義務の有無、外国の重要な公人であるかどうが、居住国を選択していきます。

ここは日本に住んでいて日本で納税している人なら難しく考えることなくチェックができますね。

アメリカの永住権を持っている人や外国の重要な公人が親族でいたりする場合は解説してある通りにチェックを入れましょう。

その下には職業を選ぶところがあるのであなたの職業を選択欄から選んでください。

また、外為オプションいうバイナリーオプション用の口座を同時に申し込みたい場合はチェック欄があるのでそこにチェックを入れてください。

そして投資に関する質問に進みます。

ここはあなたの投資に関する情報の入力として年収や資産、投資に回せる資産がいくらあるのか、投資経験やFX経験の有無、GMOクリック証券を選んだ理由を選択していきます。

投資は自己資産で無理のない範囲で行なうことが推奨されているためこのような回答が必要になります。
借金をしての投資でないかの確認です。

そして次は『電磁的方法による交付、規程規約類への同意・承諾およびFXネオ・くりっく365取引口座開設審査』というちょっと長い文章と専門用語、たくさんの難しい言葉が並んでいる箇所に進みます。

これは金融取引をする際に関わってくる法律やGMOクリック証券の規約、取引をする上でのリスクや強制決済が行われる場合などの説明を読み、それに同意するかを確認されるものです。

難しい専門用語が並んでいて読みづらいかもしれませんが、頑張って読みましょう。

すべて同意するにチェックが入ったら次に進めます。

最後にGMOクリック証券からのダイレクトメールの配信がいるかいらないかをチェックします。

これで入力完了です。

外為オプション用の口座を同時に申し込む場合は『電磁的方法による交付、規程規約類への同意・承諾およびFXネオ・くりっく365取引口座開設審査』と同じような内容の『外為オプション取引に関する確認書』というチェック欄があります。

同じようにここも読んでチェックを入れましょう。

また、外為オプションを申し込む際には、オプション取引に関する知識確認テストというものが実施されます。

正答率70%以上で合格となり、不合格の場合は翌日以降に再度テストを受け合格することで口座開設をすることができます。

ヒントを見ることができるためそれほど難しいテストではないので身構える必要はないでしょう。

本人確認書類の送付

個人情報などの入力が済んだら本人確認書類の送付が必要になります。

本人確認書類の提出方法は、WEBアップロード・郵送の2つから選択してください。

また、本人確認書類は2種類を組み合わせて提出します。

1種類目は住所や名前などが確認できる免許証や保険証、パスポートなどの『本人確認証』です。
免許証やパスポートなど顔写真があるもの、健康保険証や年金手帳など顔写真のないものどちらでも大丈夫です。

そして2種類目は住民票、通知カード、個人番号カードなど『マイナンバー』が確認できるものです。

ただし、個人番号カードを持っている場合は表面で本人確認証、裏面でマイナンバー確認ができるため個人番号カードのみの提出で口座開設することができます。

2種類の本人確認書類が揃ったらWEBアップロード、または郵送にて提出します。

審査後、ID・パスワードが送付される

本人確認書類の提出が完了し、審査を無事通過すると数日で自宅にID・パスワードが記載された口座開設手続き完了通知が簡易書留で届きます。

この通知をもって口座開設が完了され、マイページにログインすることができるようになります。

なお、審査状況はGMOクリック証券の『口座開設ナビ』から確認することができます。

口座開設ナビへログインする際には申込時に登録のメールアドレスに届く『口座開設申込受付通知』に書かれているお問い合わせ番号が必要になります。

GMOクリック証券の登録はこちら >

まとめ


GMOクリック証券は最短当日に口座開設が完了するというとても迅速な対応をしてくれる会社です。

公式HPのFX専用取引口座開設から申込を行ない、本人確認書類とマイナンバーが確認できるもの2種類の提出を行なうことで口座開設を行なうことができます。

審査を迅速に行うためにも2種類の本人確認書類はしっかりと用意しておきましょう。

ここから口座開設をすることができるので、ぜひ安心安全なGMOクリック証券でFX取引をしてみてくださいね。

GMOクリック証券の登録はこちら >

新着記事

投資ビギナー for FXってなに?

投資初心者向けに、FP(お金のプロであるファイナンシャルプランナー)や投資経験者のみで構成されたライター陣がFXをどこよりもわかりやすくご紹介します!