ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング投資は危険?具体的な危険回避の対策を紹介!

新しい資産運用として話題のソーシャルレンディング投資。平均利回りは年5~6%で、ほったらかし投資ができることから人気があります。

しかし、いくら人気があって利回りが高くても「危険はないの?」と心配になってしまいますよね。

ソーシャルレンディングは投資なので危険は0ではありません。ですが、対策を取ることでリスクは減らせます。

そこでこの記事では、

  • ソーシャルレンディング投資の危険性
  • ソーシャルレンディング投資の危険対策
    についてくわしく解説します。

ソーシャルレンディングは投資家と企業をマッチングする


まず、ソーシャルレンディングについて軽く説明しておきます。ソーシャルレンディングとは「お金を増やしたい投資家」と「お金を借りたい企業」を結びつけるサービスです。

ソーシャルレンディング会社がネット上で投資家からお金を集めて、お金を借りたい企業に融資します。お金を借りた企業は元本と一緒に利息も返済します。この利息の一部がソーシャルレンディング会社の利益となり、残りは投資した金額に応じて投資家に分配されます。

投資家は案件を選んで投資するだけで、満期になるまで何もする必要がありません。

ソーシャルレンディングの危険性は、貸し倒れ・元本割れなど


ソーシャルレンディングでは、お金を借りた企業は元本と一緒に利息を返済します。ですが、事業の失敗や倒産などで企業がお金を返済できない場合があります。これを貸し倒れ(デフォルト)と言います。

ソーシャルレンディング投資などの投資は、出資法で元本保証を謳うことを禁止されています。そのため貸し倒れが起きた場合は元本割れになる可能性があります。

また、投資家と企業を仲介するソーシャルレンディング会社自体が倒産してしまうリスクもあります。もしソーシャルレンディング会社が倒産してしまったら、運用中の元本や口座(ソーシャルレンディング会社の投資口座)のお金を回収するのに時間がかかったり、破産管財人に処分されてしまうことがあります。

そして、ソーシャルレンディングでは一度投資したら満期になるまで投資家の都合で解約はできません。必ず余裕資金で投資を行いましょう。

ソーシャルレンディングの危険対策


さきほど紹介したようにソーシャルレンディング投資に危険はありますが、対策を取ることでリスクを減らせます。

ここからは、具体的な対策についてお話ししていきます。

信頼性のあるソーシャルレンディング会社で投資する

まず、ソーシャルレンディング投資で危険を回避するなら、信頼性のあるソーシャルレンディング会社を選ぶことが大切です。信頼性のある会社を選ぶと、ソーシャルレンディング会社自体が倒産してしまうリスクを減らせます。

すべての案件に担保や保証をつけている会社や、独自の仕組みを採用して安全性を高めている会社など、各ソーシャルレンディング会社で特徴は異なります。

以下のソーシャルレンディング会社は信頼性が高く、おすすめです。

  • SBIソーシャルレンディング 大手金融SBIグループに属する企業が運営
  • Ownersbook 東証マザーズ上場企業である株式会社ロードスターキャピタルが運営
  • クラウドバンク 第一種金融商品取引業登録を行っている証券会社が運営しており、元本回収率100%(2020年2月時点)
  • Funds 独自の仕組みで安全性が高い

SBIソーシャルレンディングは、大手金融SBIグループに属する企業が運営しています。過去に貸し倒れが発生しましたが、素早い対応と元本の9割が償還されたことで信頼性も上がりました。

Ownersbookは東証マザーズ上場企業が運営している、不動産特化のソーシャルレンディング会社です。不動産のプロが厳選した案件のみを取り扱っており、すべての案件に担保がついているため保全性が高いです。また上場企業の場合、不祥事などを起こすと株価に大きな影響を及ぼします。そのため、不正行為等を働く可能性が低いのです。

クラウドバンクは、第一種金融商品取引業登録を行っている証券会社「日本クラウド証券」が運営しています。ソーシャルレンディング会社は通常、第二種金融商品取引業の登録を受けているのですが、第一種は第二種より高い財務健全性が求められます。

Fundsでは融資先を上場企業に限定するなど、独自の仕組みで貸し倒れのリスクを減らしているので信頼性が高く、大変人気があります。

リスクの高い案件を避ける

案件を選ぶ際には、リスクの高い案件を避けましょう。

  • リスクの高い案件とは、
  • 利回りが高すぎる(利回りが年10%以上)
  • 保証や担保がない
  • 借り手企業の情報が十分に開示されていない

などです。

ソーシャルレンディング投資での平均利回りは年5~6%ですが、高いと10%を超えます。利回りの高さは魅力的ですが、利回りが高くなると貸し倒れのリスクも高まります。

またリスクを避けるには、保証や担保がついている案件を選ぶことをおすすめします。保証や担保があれば、もし貸し倒れが起きた場合でもお金を回収できる可能性は高くなります。

案件を選ぶ際には、借り手企業の情報も投資するかしないかの判断材料になります。そのため、情報が十分に開示されていない案件は、リスクを把握できないので避けた方がいいでしょう。

短期の案件を中心にする

ソーシャルレンディング投資では、あらかじめ運用期間と利回りが決まっています。運用期間が短い案件だと数か月、長い案件だと2年以上です。

そして、一度投資したら満期になるまで解約できません。そのため、運用期間が長い案件だとその分お金を拘束される期間が長くなります。もし途中で貸し倒れが起きても、途中で解約できません。

運用期間中に、リーマンショック級の何かが起こる可能性もあります。ですが、1年や2年先のことは見通せませんよね。運用期間が短い案件を中心に投資するとそのリスクを減らせます。

分散投資する

ソーシャルレンディング投資では、分散投資を心がける必要があります。対策を取っても危険は0にはできないので、1つの案件に集中して投資するのは避けましょう。

また、ソーシャルレンディング会社も複数利用することをおすすめします。もし1つのソーシャルレンディング会社だけを利用していた場合、その会社が倒産してしまったら運用中のお金を回収するのは難しいです。

ソーシャルレンディング投資だけに集中しない

ソーシャルレンディング投資は利回りが高く、ほったらかし投資ができるのでどんどんソーシャルレンディング投資にお金をつぎ込む人もいると思います。

しかし、ソーシャルレンディングはまだまだ発展途上にあり、リスクもあります。ソーシャルレンディング投資だけでなく、ほかの投資にも目を向けてみましょう。

情報開示で安全性は高まった


従来のソーシャルレンディング投資では、貸金業法への配慮から借り手企業は匿名化されていたので、借り手企業の情報は投資家に非公開でした。

ですが、2019年3月18日に金融庁が各ソーシャルレンディング事業者に対し、借り手が法人であるなどの一定の要件の場合、匿名化を解除できるという新しい解釈を公表しました。

参考:https://www.fsa.go.jp/ordinary/social-lending/index.html

そのため、以下のような情報が原則として開示されるようになりました。

  • 貸付先の属性(企業名や所在地、業種・事業の内容など)
  • 貸付条件(貸付額や金利、貸付予定日、貸付期間など)
  • 貸付先の資金使途
  • 回収の可能性に影響を与える情報(貸付先の財務状況、担保の有無や評価方法などの担保情報など)
  • 審査態勢(審査体制、審査手続き)
  • 返済遅延などに関する情報

ソーシャルレンディング会社によって情報開示に対する対応は異なりますが、公開される情報は以前よりも増えています。投資家は借り手企業のリスクも把握できるようになったので、より安全な投資ができるようになりました。

案件を選ぶ際は、借り手企業の情報もチェックするようにしましょう。

まとめ


ソーシャルレンディング投資には、貸し倒れや元本割れ、ソーシャルレンディング会社の倒産などのリスクがあります。

ですが、以下の対策を取ることで危険を減らせます。

  • 信頼性のあるソーシャルレンディング会社を選ぶ
  • リスクの高い案件(利回りが10%以上、保証や担保がないなど)を避ける
  • 短期の案件を中心に、分散投資を心がける
  • ソーシャルレンディング投資だけに集中しない

危険を減らし、リスクを把握した上で投資を行いましょう。

本ページの内容は掲載時点での情報であり、最新情報は必ず各公式サイトにてご確認をお願いいたします。