不動産投資

成功物件には共通点が多い!成功するワンルームマンションに見られる7つの特徴

「ワンルームマンション経営は、どうやったら成功する?」
「どんなワンルームマンションであれば、成功するの?」

など、ワンルームマンション経営の成功の秘訣を知りたいと考えている人は多いでしょう。長期間の需要があることや融資を良い条件で受けているなど、成功しているワンルームマンションには共通点が多いです。

成功するワンルームマンションに見られる特徴を知ることで、物件選びや運営の精度を高めることができます。

そこで今回は、成功するワンルームマンションに見られる以下7つの特徴について、紹介していきます。

1.長期間需要がある
2.中古のワンルームマンションを買う
3.立地や空室率に優れている
4.融資を良い条件で受ける
5.管理会社の対応が良い
6.信頼できる不動産会社を見つけている
7.事前の計画が楽観的すぎない

この記事を読むことで、ワンルームマンション経営の成功確率を高めることができますので、参考にご覧ください。

成功する特徴1.長期間賃貸需要がある

成功するワンルームマンション経営に見られる特徴の1つが、長期間賃貸需要があることです。長期間、賃貸需要が続かないと、安定した家賃収入を得ることはできません。需要が続かなければ、空室期間が長くなり、赤字経営に陥ってしまいます。そして、資金繰りが悪化して、破産してしまうでしょう。

長期間青島需要があれば、入居者は長く住み続け、空室になってもすぐに次の入居者が見つかります。ワンルームマンション経営を成功させたいのであれば、長期間需要が続く立地や物選びをすることが重要です。

短期的な視点ではなく、長期的な視点で考えるようにしましょう。

成功する特徴2.中古のワンルームマンションを買う

中古物件を買うことも、成功しているワンルームマンション経営の特徴になります。中古物件は、新築のように業者の利益が大幅に乗せられていない上に、過去の運用状況を確認して購入判断ができるためです。

新築物件は、相場価格に広告費や人件費、利益などが乗っているため、どうしても高くなります。中古物件であれば、それらがないため相場価格で購入することが可能です。

過去の利回りや入居者層、空室率などを確認して購入できるので、失敗リスクを減らすことができます。中古のワンルームマンションを買うことも、成功する不動産経営の特徴です。

成功する特徴3.立地や空室率に優れている

成功しているワンルームマンション経営に見られる特徴の1つが、立地や空室率に優れている点です。立地や空室率に優れた物件は、以下のメリットがあります。

●立地が優れた物件

  • 賃貸需要が高くすぐに入居者を確保できる
  • 家賃や資産価値が下がりづらい
  • 入居者をすぐに確保できるため余計な広告費がかからない

●空室率が低い物件

  • 毎月安定した家賃収入が入ってくる
  • 空室に焦って審査のハードルを下げなくていい

立地と空室率は、密接な関係であることが多いです。立地が良い物件は自ずと空室率が低くなり、立地が悪い物件は空室率が高くなります。そのため、ワンルームマンション経営を成功させたい場合は、立地にこだわりましょう。そうすれば、空室率が低くなり、安定した収益を出し続けることが可能です。

成功する特徴4.融資を良い条件で受ける

融資を良い条件で受けていることも、成功するワンルームマンションに見られる特徴になります。不動産投資は多額のローンを利用するため、少しでも良い条件で融資を受けることで、多くのキャッシュフローを確保することが可能です。

金融機関によって融資条件が異なり、0.2%〜0.3%金利が低いだけでも、毎月の返済負担や総返済額は大きく変わります。

金利が高いなど融資条件が悪ければ、返済負担が大きくなり、安定したキャッシュフローを得ることができません。

良い条件で融資を受けるには、複数の金融機関を比較することが大切です。「有名だから」「知人の紹介だから」など、安易に決めるのではなく、複数の金融機関の融資条件を必ず比べてください。また、不動産会社が提携している金融機関もあるため、そちらについても条件を確認しましょう。

良い条件で融資を受けることは、ワンルームマンション経営の成功につながります。

成功する特徴5.管理会社の対応が良い

成功するワンルームマンションに見られる特徴として、管理会社の対応が良いこともあります。

管理会社は、毎月管理委託手数料(家賃収入の5%+消費税程度))を支払うことで、入居や退去手続き、家賃回収、清掃、クレーム対応など、さまざま手続きや対応を行います。業者に管理を委託すれば、オーナーは入居者対応などの手間がかかりません。

管理会社は入居者との接点が多いため、対応が良い業者であれば、入居者の満足度は高くなります。しかし、対応が悪い管理会社の場合は、入居者満足度が低くなり、早期退去につながってしまいます。

退去までのサイクルが早くなると、入居から退去にかかるコストが余計にかかるため、安定した収益を出すことはできません。

入居者満足度が高ければ、入居期間が長くなりますし、良い評判が広まり、新規の入居者も確保しやすくなります。

ワンルームマンション経営を成功させるには、良い管理会社に委託することが大切です。

成功する特徴6.信頼できる不動産会社を見つけている

管理会社に加え、信頼できる不動産会社を見つけていることも、成功するワンルームマンションに見られる特徴になります。

信頼できる不動産会社と出会うことができれば、優良物件を購入できる可能性があるためです。良い不動産会社は、本当に顧客にメリットが大きい物件を紹介してくれます。立地や利回りが魅力的なので、安定したキャッシュフローを得ることが可能です。信頼できる不動産会社を見つけるためにも、実績や評判を確認し、複数業者で比較をするようにしましょう。

信頼できる不動産会社を見つけることができれば、ワンルームマンション経営の成功に近づけます。

成功する特徴7.事前の計画が楽観的すぎない

事前の計画が楽観的すぎないことも、成功するワンルームマンション経営に見られる特徴です。

「ここだったら空室が出てもすぐに埋まるだろう」「細かいことは特に決めなくても、勢いで何とかなるだろう」など、楽観的すぎる考えや計画では、上手くいきません。すぐに資金繰りが悪化して、破産してしまうでしょう。

空室リスクや金利上昇リスク、災害リスク、家賃下落リスクなど、ワンルームマンションにはさまざまなリスクがつきものです。悲観的に考えすぎる必要はありませんが、楽観的な考えや計画だと、失敗確率が高まってしまいます。

ワンルームマンション経営を成功させるためにも、楽観的すぎない計画を立てるようにしてください。

まとめ


今回は、成功するワンルームマンションに見られる特徴について紹介しました。ワンルームマンション経営は、上手くいけば毎月家賃収入を得ることができ、老後は私的年金として活用できます。インフレにも強く、少額資金でも始められる投資商品です。

しかし、物件選びや運営方法などに失敗すれば、毎月赤字となり、大きな損失を負うことになります。少しでも成功確率を高めるために、ここで紹介した7つの特徴を参考にしてください。ワンルームマンション経営に興味がある方は、早速、業者選びや物件選ぶを始めていきましょう。

本ページの内容は掲載時点での情報であり、最新情報は必ず各公式サイトにてご確認をお願いいたします。