不動産投資

空室率とは?ワンルームマンションの空室率を低くする5つの方法

「ワンルームマンションの空室率って何?入居率との違いは?」
「ワンルームマンションの空室率を低くするにはどうすればいいの?」

など、ワンルームマンションの空室率について、詳しく知りたいと考えている人は多いでしょう。空室率の意味や算出方法を知っていないと、物件の収益性を知ることができず、赤字経営になってしまう可能性があります。

また、空室率を低くする方法を知らなければ、資金繰りが悪化してしまうでしょう。

ここでは、ワンルームマンションの空室率や算出方法、空室率を低くする方法などについて紹介しています。

この記事を読むことで、不動産経営の成功確率を上げることができますので、参考にしてください。

空室率とは


空室率とは、建物の部屋数に対して空室が占める割合のことです。よく、賃貸物件において「入居率」という言葉が出ますが、空室率は入居率の反対の意味を表します。

  • 入居率:建物の部屋数に対して、入居している部屋が占める割合
  • 空室率:建物の部屋数に対して、空いている部屋が占める割合

不動産投資で考えれば、空室率は限りなく0に近い物件の方が魅力的です。常に入居者がいることを表し、安定したキャッシュフローを生み出します。不動産会社や不動産情報サイトなどによっては、空室率の表記となっているため、意味を理解しておくことが必要です。

空室率の算出方法

空室率の算出方法は、入居率と似ています。それぞれの一般的な算出方法は次のとおりです。

  • 入居率=入居数÷全室数
  • 空室率=空室数÷全室数

たとえば、8室あるアパート運営をしていて、2室が空室の場合は「空室数2÷全室数8=空室率25%」になります。

また、1年間のスパンで空室率を知りたい場合は、次の算出方法です。

  • 全部屋の年間稼働に対する空室率=(空室数×空室期間)÷(全室数×12ヶ月)

仮に、8部屋中2部屋が2ヶ月間空室だった場合は、「(2部屋×2ヶ月)÷(8部屋×12ヶ月)=空室率約4.1%」になります。

入居率で考えると、「100%-4.1%=95.9%」です。

このように、入居率だけでなく空室率も計算できると、両方の観点から物件状況を確認できます。

ワンルームマンションの空室率の調べ方


ワンルームマンションの空室率を調べる方法を知っていれば、物件の収益性を予測しやすくなります。その結果、より良い物件を見つけることが可能です。

ワンルームマンションの空室率の調べ方は、主に次の3つです。

  • 不動産情報サイトで調べる
  • 不動産会社に聞く
  • 物件を直接見て調べる

それぞれの方法について、確認していきましょう。

不動産情報サイトで調べる

物件の空室率を調べる1つ目の方法が、不動産情報サイトで調べることです。サイトによっては、物件の空室率が載っているため、収益性を予測できます。また、空室率ではなく入居率が載っているサイトについても、入居率から空室率を知ることが可能です。物件写真だけでなく、空室率についても確認をしましょう。

不動産会社に聞く

ワンルームマンションの空室率を調べる方法として、不動産会社に聞くのも有効です。WEBサイトに空室率が載っていない場合や情報が古い時は、不動産会社に聞いてみましょう。大家や不動産管理会社に確認してくれるため、最新の空室率を知ることができます。

物件を直接見て調べる

ワンルームマンションがある現地へ行き、物件を見て空室率を予測する方法もあります。外から見て、入居者がいるかいないかを判断します。ただし、この方法はあまりおすすめはできません。不審者に間違われる可能性がありますし、あくまでも推測の空室率しかわからないためです。不動産情報サイトか不動産会社に聞いて、空室率を調べるようにしましょう。

ワンルームマンションの空室率を低くする5つの方法


ここで紹介する方法を知っておけば、ワンルームマンションの空室率を低く抑えられる可能性があります。空室率が低くなれば、安定した収益を出すことが可能です。少しでも空室率を低くするために、以下5つの方法について把握しておきましょう。

  • 賃貸需要がある立地を選ぶ
  • 優秀な不動産会社を選ぶ
  • 信頼できる不動産管理会社を選ぶ
  • 情報共有をスピーディーに行う
  • 人気の設備を導入する

ワンルームマンションの空室率を低くする5つの方法について、紹介していきます。

賃貸需要がある立地を選ぶ

ワンルームマンションの空室率を低くする方法として大事なのが、賃貸需要がある立地を選ぶことです。ワンルームマンションを探す人の多くは、立地と家賃を重視しています。

「最寄り駅まで徒歩2分」
「徒歩5分圏内にスーパーやコンビニ、駅やバス停がある」

など、便利で人気な立地であれば、高い賃貸需要が期待できます。駅から遠かったり、便利でない場所だと、借り手はなかなか見つかりません。賃貸需要がある立地を選べば、空室率に悩まされることもないでしょう。

優秀な不動産会社を選ぶ

優秀な不動産会社を選ぶことも、空室率が低いワンルームマンションの実現に大事なことです。
優秀な不動産会社とは、客付けをしっかりしてくれる会社、綿密な連絡をくれる会社、サポート対応力に優れた会社です。
また顧客本位で考えてくれる会社も、優秀な会社と言えます。

優秀な不動産会社であれば、物件の善し悪しを明確に伝えてくれますし、優良物件を紹介してくれます。顧客の利益を優先した対応をしてくれるため、収益性が低い物件や悪質な物件を売り込まれる心配がありません。空室率が低いワンルームマンションにしたいのであれば、優秀な不動産会社に依頼するようにしましょう。

信頼できる不動産管理会社を選ぶ

ワンルームマンションの空室率を低くしたいのであれば、信頼できる不動産管理会社を選びましょう。不動産管理会社は、入居や退去の手続き、家賃回収、クレーム対応など、オーナーの代わりにさまざま業務を行います。不動産管理会社の対応が良いと、入居者満足度も高いことが多いです。

しかし、不動産管理会社の対応が杜撰だと、入居者満足度も低くなり空室率が高くなってしまいます。不動産会社同様、信頼できる不動産管理会社を選ぶことで、ワンルームマンションの空室率を低くすることが可能です。

情報共有をスピーディーに行う

ワンルームマンションの空室率を低くするためにも、情報共有をスピーディーに行いましょう。少しでも早く入居者の退去意思がわかれば、すぐに入居者募集活動を開始できます。その結果、空室期間を最小限に抑えることができるでしょう。入居者、不動産管理会社、不動産会社、オーナーの情報共有をスピーディーに行うことを大切にしてください。

人気の設備を導入する

人気の設備を導入することも、ワンルームマンションの空室率を低くするための方法です。宅配BOXや浴室乾燥機、無料インターネットなど、入居者にとって便利でメリットが大きい設備があれば、他の物件への引っ越しを阻止できます。多少のコストはかかりますが、人気の設備を導入すれば、空室率の低下につながるでしょう。

まとめ


ここでは、ワンルームマンションの空室率や算出方法、空室率を低くする方法などについて紹介しました。

最後にもう1度、大事なポイントをまとめると、次の3点が挙げられます。

  • 空室率は物件の収益性を知る上で重要な指標
  • 空室率を低くするために信頼できる不動産会社や不動産管理会社選び、立地等に気をつける
  • 空室率が低い運営をできれば収益が安定し、不動産投資の成功に近づく

これから不動産投資を考えている方は、ここで紹介した内容を参考にして、早速物件や業者選びを始めましょう。

本ページの内容は掲載時点での情報であり、最新情報は必ず各公式サイトにてご確認をお願いいたします。