FX

FXの税金は確定申告が必要?きちんと申告しないと重いペナルティーが!

「FXで出した利益には税金は掛かるの?確定申告は必要?」

「FXの税金を納付しないとどうなるの?」

など、FXと税金については分かりにくいことも多く、確定申告についても難しく考えてしまいがちですよね?

今回は、「FXで出した利益にはどのような税金が掛かるの?」「どういう場合に確定申告する必要があるの?」という基本的なことから、FXの税金を払わないリスクについても詳しく解説していきます。

FXに掛かる税金や確定申告について抑えて、きちんと納税していきましょう。

FXの税金って?


「FXで出した利益は何%が納税されるの?」「どれだけの利益を出したら確定申告しないといけないの?」など、FXと税金に関する疑問を解消していきましょう。

FXの税率は20.315%の申告分離課税

ズバリ、FXでは利益の「20.315%」を税金として納付する必要があります。ちなみに、20.315%の内訳は、所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%となっています。

FXからの収入は「雑所得」に分類されますが、申告分離課税の対象となっているため、FXでいくら利益を出しても税率は20.315%の定率のままです。

FXで課税されるのは、取引で生じた損益と受け取ったスワップポイントが対象となります。決済していないポジションや受け取っていないスワップポイントは課税対象外です。

FXの税率は株式投資と同じとなっており、利益が多いと最高税率55%まで課される仮想通貨取引やその他の副業・事業に比べると、FXは非常に有利な税制になっていると言えます。

ただ、FXの税率が20.315%の申告分離課税となっているのは、あくまで国内FX業者を使っている場合に限ります。

海外FX業者を使って出した利益は、単なる「雑所得」として扱われるため、最高税率は55%となることには注意が必要です。

「自分が使っているFX業者は国内業者?海外業者?」と不安に思うかもしれませんが、DMMFXやGMOクリック証券、SBIFXトレードといった主要FX業者は全て国内業者であるため、ご安心ください。

FXで確定申告をする必要があるのは?

「FXの利益は確定申告する必要がある?」「株の特別口座みたいなものはないのかな?」という疑問を解消していきましょう。

株式投資の場合は、納税から確定申告まで全てを証券会社が自動で行ってくれる特定口座という制度があります。しかし残念ながら、FXでは特定口座はありません。このため、FXの利益は自分の手で確定申告を行って納税する必要が生じてきます。

ただ、だからといってFXで出した利益については必ずしも確定申告・納税が必要になるというわけではありません。

FX取引で確定申告が必要なケースについては、次のようにまとめられます。

1.給与所得者で、FXを含む雑所得の収入が合計20万円を超えている。
2.専業主婦や無職で、FXの年間利益が38万円以上ある。

つまり、給与所得者の場合にはFXの年間利益が20万円以上、専業主婦や無職の場合にはFXの年間利益が38万円以上なら確定申告する必要が出てきます。

これは逆に言えば、給与所得者で年間利益が20万円未満、専業主婦・無職で年間利益が38万円未満の場合には確定申告・納税する必要はないということです。

なお、自営業者やフリーランサーの場合は、FXをやっていようがいまいが、確定申告が必要となります。FXでの利益がある場合には、雑所得の欄に計上する必要が出てくるため注意しておきましょう。

FXの税金を払わないとどうなる?


「確定申告をするのは面倒くさい」「FXの税金を払わなくてもどうせばれない」と、甘く考えていませんか?

納税義務が生じているにも関わらず、確定申告・納税をしないことはれっきとした脱税です。

FXの税金を払わないことによるリスクや実際に逮捕されてしまった有名トレーダーについて抑えておきましょう。

FXの税金を払わないリスク

FX脱税をすることの最大のリスクは、延滞税が上乗せされることです。

延滞税は、最小で納税額の7.3%となり、納付期限から2ヶ月以上経過していた場合には最大14.6%を追徴課税として支払わなければいけません。

また、確定申告をしない場合には、無申告税として、納税額が50万円の場合は15%、50万円以上の場合には20%が納税額に加算されます。

さらに、意図的に行った悪質な脱税と指摘された場合には、重加算税として納税額に35~40%が追加される場合もあります。

そして、億単位の利益を課税逃れした場合には、最悪ケースとして懲役刑まで科される恐れがあります。

FX脱税は、リターンがリスクに全く見合っていないとしか言いようがありません。

FX脱税はほぼ100%確実にバレる行為です

「FX脱税しても、どうせばれない。確定申告をする必要ない」と、まだ甘く考えていませんか?

FX脱税は必ずバレてしまいます。

2019年現在、FX取引をするにはマイナンバーを登録しておく必要があります。マイナンバーを登録してなければ、FX取引自体ができません。

FX業者にマイナンバーを登録してあるということは、FXでどれだけの利益を出したのかは国税に全て筒抜けの状態にあることを意味します。

マイナンバーによって完全ガラス張り状態にある中でFX脱税をするのは、ほぼ自殺行為と言っても過言ではありません。

FX脱税で逮捕された有名トレーダー池辺雪子さんとは?

FX脱絶をしたことで有名なトレーダーとしては、主婦トレーダーのカリスマ的存在である池辺雪子さんが挙げられます。

池辺雪子さんは8億円以上の利益を上げたカリスマFXトレーダーとして知られており、現在もトレーダーとしてはもちろん、証券会社でのセミナー活動や執筆活動を行っています。

池辺雪子さんは、2007年春、FX取引で上げた4億円の利益を脱税した容疑で起訴され、同年夏に執行猶予刑が確定。所得税、延滞税、重加算税、住民税、罰金の合計約5億円を全て即金で支払い、2010年9月に執行猶予が満了しました。

ここで重要なこととしては、池辺雪子さんのFX脱税が発覚したのはマイナンバーで紐付けされる以前だったということです。

マイナンバーで紐付けされる以前であってもFX脱税は簡単に発覚していたのですから、FX口座がマイナンバー紐付けされている現在は絶対に不可能だと言ってよいでしょう。

まとめ


今回は、「FXで出した利益にはどのような税金が掛かるの?」「どういう場合に確定申告する必要があるの?」という基本的なことから、FXの税金を払わないリスクについても解説してきました。

FXの税金は20.315%の完全分離課税となっており、給与所得者の場合には20万円以上、専業主婦・無職の場合には38万円以上の利益が出ていたら確定申告をする必要があります。

確定申告が必要なほど利益を出したにも関わらず申告しない場合には脱税となり、延滞税や重加算税などの重いペナルティーが課されることとなります。

現在、FX口座はマイナンバーでガラス張りにされた状態にあるため、税務署にばれずにFX脱税することは不可能な状況です。

FXの税金について理解しておき、きちんと確定申告するように心掛けていきましょう。

本ページの内容は掲載時点での情報であり、最新情報は必ず各公式サイトにてご確認をお願いいたします。