ソーシャルレンディング

ガイアの夜明けにも出演したクラウドクレジットの魅力とは?

2018年1月にテレビ東京系列の番組ガイアの夜明けに、クラウドクレジット株式会社が紹介されて大きい反響を呼んだことは記憶に新しいですね!

この番組自体は、主に経済活動の現場で奮闘している人たちに迫る本格ドキュメンタリーです。ガイアの夜明け製作陣の、徹底した取材をベースにおこなわれた、クラウドクレジットを取り上げた回は、臨場感があって観る人の感動を呼びました。

番組ではクラウドクレジットとは何か、そして具体的にペルーへのファンドが取り上げられました。それも現地の最前線まで密着して、投資されたお金はこういう風に活用されるのかと、初めて実感を持った人もたくさんいます。

この記事ではガイアの夜明けで放送された内容の要点を紹介し、そのうえでクラウドクレジットの魅力を浮き彫りにしますので、ソーシャルレンディングを考えている人には参考になるはずです!

誌上再現!ガイアの夜明け・金融維新 さらば銀行!?


(出典)https://crowdcredit.jp

2018年の1月16日に放送されたテレビ東京系の番組ガイアの夜明けはクラウドクレジットを取り上げて、タイトルは金融維新 さらば銀行!?でした。話題のクラウドクレジットのリアルな姿に迫った内容のポイントを、この記事でで再現してみます。

再現 序章:ある個人投資家の利回り23%という衝撃の実績

銀行というものが将来において、現在のような形態では存続しなくなります。転職を希望する銀行員も増えているのです。

みずほフィナンシャルグループは、実に1万9千人に及ぶ規模の人員削減を発表しています。他のメガバンクはどうかというと、合計すると3万人分ほどの銀行員の仕事がなくなってしまうと見込まれているのです。

昔のように銀行にお金を預けておけば、利子で資産が増えていくような感覚とは程遠い、ゼロ金利の時代です。番組の案内人である俳優・江口洋介がパソコン画面を開きます。画面にはクラウドクレジットのファンド紹介です。

江口洋介はよく知らない国へ投資するファンドに不安を覚えます。ここで個人投資家の下山氏(仮名)が2017年に、クラウドクレジットの東欧事業者支援ファンドに投資した7ヶ月の結果が為替の変動も考慮した上での23.1%の利回りを獲得した衝撃の事実を知ります。

再現 本編1:クラウドクレジットの正体

クラウドクレジットの創業は2013年です。東京都中央区日本橋の茅場町にオフィスを構え、取材当時約240本の投資ファンドを運用中で、2017年の融資総額は50億円を突破しています。

社員数は37人で、メガバンクや外資系の金融機関から転職してきた人が多いのが特徴です。彼らが杉山社長と力を合わせ、業界内でも珍しいファンドを作っています。

扱っているファンドの期待利回りは、リトアニアファンドで12.9%、カメルーンファンドで13.5%などの高利回りです。ただし期待利回りに保証はありません。元本割れのリスクもあるということがハッキリと語られます。

こういうファンドは高成長が期待できる新興国に貸付けをおこなうことで、ハイリスクハイリターンの投資になっています。投資先のひとつカメルーンは、経済成長率年は高く4.5%ですが、その中で特にお金が回りにくい零細企業、農家などに融資をおこなっています。

カメルーンのテレビにおいてクラウドクレジットの活動は、銀行が見向きもしないような人にも融資してくれていると紹介されます。

誌上再現 本編2:クラウドクレジット杉山社長の人となり


(出典)https://crowdcredit.jp/

クラウドクレジットの杉山智行社長は2005年に東京大学法学部を卒業し、大和証券に入社しました。その時点から杉山社長の金融に懸ける人生が開幕しています。

当初はデリバティブ部門を希望して、約2年の間は契約書作成などいわゆるドキュメンテーション業務を経験しました。

3年目に転機が訪れます。社内に債券部門のヘッジファンドを立ち上げるという話に迷わず名乗りを挙げて、立ち上げから参加する貴重な経験をします。

その後杉山社長は2008年、英国資本のロイズ銀行東京支店に転職します。そして2013年にクラウドクレジットの創業に至ります。

取材当時、都内のワンルーンマンション暮らしで独身、彼女無しの生活です。創業以来2年3か月は役員報酬を取らなかったストイックな面があり、収入は会社勤め時代の3分の1です。

彼の思いは世界の中で深刻にお金が不足しているエリアに、日本の余剰資金をつなげたいということ。

やらないと一生後悔するし、会社の体力も付いてきたので、チャレンジを進めている段階だと杉山社長は言います。そんな彼は23社もあるソーシャルレンディング企業の中でも、新興国対象に社会貢献を伴う投資ができる個性的な仕組みを作った話題の人物です。

今話題のクラウドクレジットの杉山智行社長とは一体どんな人?経歴は?

誌上再現 本編3:ペルーへの社会インパクト投資に密着

ペルーは人口が約3,140万人の新興国で、他の新興国と比較しても高い成長率が見込まれています。

クラウドクレジットの今回の新たな挑戦は、北部都市トルヒーヨにおけるファンド組成です。杉山社長自身が現地のパートナー企業であるノンバンクのルイス氏と、地域最大のマーケット、ラ・エルメリンダ市場を訪れました。

何のために行ったかというと、貸付先の視察です。花屋を営んでいる女性を訪れ、返済金額4,300円ほどを回収します。この女性の年収は44万円程度です。彼女は運転資金として10万円を借りています。貸し付け金利は年率8%程度です。

ルイス氏に借金を膨らませないアプローチをヒアリングします。ルイス氏は貸付先の日々の売り上げや必要経費、はたまた生活費までもを把握しているとのことです。

ペルーでは少額で短期間でよいからお金を借りたいという人が大勢います。ルイス氏のノンバンクは銀行がお金を貸してくれないような人に向けて、お金を貸し付けています。

そのお金によって借り手が事業を拡大し、それによって金利が支払われる仕組みがペルーマイクロファイナンス支援ファンド1号という名のファンドです。

想定利回りは2.5%です。カメルーンやリトアニアファンドに比べれば低い数字です。このファンドは投資家の資産を増やすファンドとはちょっと趣きが異なり、ペルーの貧しい人の経済活動を支援することを目的としています。

利回りが低い理由はリスク軽減のために、ペルーの大手信用組合が債務保証しているからです。

クラウドクレジットがガイアの夜明けに出演できた背景とは?


多くの人がある意味誤解をしているのですが、クラウドクレジットがすばらしい仕組みであるのは間違いないですが、だからといってそれだけでガイアの夜明けで取り上げられたのではありません。少し詳しく解説しましょう。

大手企業が資本参加

ガイアの夜明けへの出演は、各種のベンチャーキャピタルや大手企業が株主としてかなり強くバックアップしているからという背景があるのです。

たとえば伊藤忠商事や電通、第一生命など日本の名だたる大企業が資本参加しています。
客観的に見れば、この状態であればクラウドクレジットの不正がおこなわれるなどの事業者リスクは極めて低いと言えます。

クラウドクレジットの魅力を分析


ガイアの夜明け放送直後に大きな動きがありました。なぜそうなったのかの謎は、クラウドクレジットの魅力を確認することで解けるかも知れません。

ガイアの夜明け放送後に起こったこと

(出典)https://crowdcredit.jp/

番組放送後には全国の投資家が興味を示し、クラウドクレジットが話題に上る日々が続き、2月6日にはクラウドクレジットのユーザー登録者数が20,000人を突破したという大きい報告がオフィシャルサイトでありました。

クラウドクレジットの人気の裏付けは6つの魅力!

番組後に爆発的に投資参加者が増えたクラウドクレジットですが、その裏付けとしてやはり投資家の気持ちを掴んだ魅力があるのです。その魅力を6つに集約してみました!

魅力1:社会貢献に参加できる

主に貧困や飢餓、教育や福祉など社会問題を抱えている国の問題を、解決に導くアプローチへの投資です。クラウドクレジットは社会インパクト投資と名付けています。投資ですから収益が最優先ですが、同時に社会貢献にも取り組めている美点が魅力です。

魅力2:マーケットの動向からの影響が少ない

東欧やブラジルやアフリカの新興国向けの投資案件がほとんどなので、日本やアメリカの株式市場が荒れていても、その影響は少ないと言えます。株式市況に常に注意を払う必要はありません。

魅力3:少額資金で始められる

クラウドクレジットは1万円から始めるので、投資初心者にもハードルが低いのです。期待と不安が入り混じる人は、小口の投資から始められます。

魅力4:投資の実感が他社よりも伴う

多くのソーシャルレンディングは資金を振り込んだ後は、満期が来るまで経過報告などもなく、最終の報告を聞くまで投資の実感が乏しいものです。クラウドクレジットの場合は、経過レポートによって進捗状況を知ることができ、投資の実感を持てるのです

魅力5:配当金を月々受け取れるファンドもある

ファンドの満期が13ヶ月後とか25ヶ月とかの、かなり先のものが多いですが、種類によっては月ごとに配当金を受け取れるファンドもあります。コンスタントな収益を望む人にとっては魅力ですね。

魅力6:前もってリスク低減対策がとられている

クラウドクレジットには貸し倒れはまだありません。(2019年4月上旬現在)

なぜ避けてこられたか、大きくは下記の三つの対策があります。

  • ファンド内でも小口に分散してリスクを減らす
  • 滞納時の 延滞債権の買い戻し
  • 滞納時の実物資産の買い戻し

これらが事前に手を打たれているので、少しでもリスクが減らされているのです。

クラウドクレジットの貸し倒れについてはこちらをご覧ください。

まとめ

ガイアの夜明けへの出演をきっかけに、躍進したクラウドクレジットは、利回り重視から社会貢献重視までの色々なファンドを揃え、さまざまな志向の投資家から認知されたのです。

まだまだ事業は成長段階とのことです。まだ登録していない人も、この記事を参考に投資を検討してみてはいかがでしょうか!

クラウドクレジットはこちらから

本ページの内容は掲載時点での情報であり、最新情報は必ず各公式サイトにてご確認をお願いいたします。